FC2ブログ

2019-02

曖昧な雨の夜、曖昧に濡れて帰る

最近あまり日記を更新してません。
『栢子の結婚』キャストのみんなは、
「きっと週末の台本稽古開始に向けて追い込みで忙しいんだろうな」
と思ってくれてますか?……ぜひ思ってください。

へんな言い方ですが、早くこの芝居が観たい!
ああ、日曜日が待ち遠しい。

え? こんなタイトルの映画があったよね、確か。
何だっけ? フランス映画? トリュフォー?
最近だれもトリュフォーのことを話題にしない。
『日曜日が待ち遠しい』、内容をまったく思い出せません。
一時はすごく観たんだ、トリュフォー作品。
『大人は判ってくれない』が一番面白かった。あと『黒衣の花嫁』。

いや、そんなことよりも、おいらの日曜日。
読み合わせが楽しみです。早くセリフを耳で聴きたい。
だれそれが演じるこの役を観たい。
そんなこと思い浮かべてドキドキするのは、いい気分です。

小説『マジック・フォー・ビギナーズ』には、
『図書館』という連続テレビドラマが出てきます。
『マジック・フォー・ビギナーズ』の登場人物たちは、
みんなこのドラマが大好きで、誰もが話題にしている。

この『図書館』というテレビドラマはすごく不思議な番組で、
毎回登場人物は同じなのにキャストが異なったりする、
時には「全員が透明人間」という設定になり、
見えない俳優たちが演じることもあるし、
キャストがカメラを持ってスタッフを撮影することもある。
だいたい放送そのものが不定期。いつ放送されるかわからない。
すごくいい加減なのに、すごく面白くて大人気。

この「毎回キャストが違う」というの、ちょっと気に入った。
舞台でもやれないかな、毎回配役が異なる公演。
誰が誰を演じるか、幕が開くまでわからない。
そんな妄想して、ひとり浮かれたりね。

さて、そんなわけで忙しいはずのおいらですが、
今夜は時間堂のWIPにお邪魔してきました。
『星の結び目』のときはトリユメの公演直前だったから、
1度しか行けなかったんだよね。

自由な空気が充満する時間堂の稽古場はとても居心地がいい。
今夜思ったのは「美しき曖昧さ」。
時間堂の芝居での「会話」の魅力、その秘密が、
少しだけわかったような気がしました。

ものを創ることへの前向きな意欲にあふれた稽古場、
キャストはたった4人なのにギュンギュンみなぎっていたよ。
ノーチラスもギュンギュンいきたいね。

ではみんな、週末に!









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/580-d78a59ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示