FC2ブログ

2019-02

バイオリンによる「幻想」組曲はいかが

こんな時間(19時30分頃)なのに
誰かがバイオリンの練習しています。

僕はバイオリンのことはよくわかりませんが、
そんな僕が聴いても、かなりヘタだと思いますね。
見込みあるんスかね。

いったいどんな人が弾いてるんだか。

①「今日のお稽古ちゃんとやらないと晩ごはんは抜きよ!」
と我が子を音楽家にしたいクラシック好きの母親に叱られた男の子
(本当はサッカーが大好き、夢はサッカー選手)かもしれない。

②「食後の音楽はいいねえ、自分で弾くと、なおいいねえ」
と自分のヘタさ加減にまったく気づいていないサラリーマン
(カラオケで『アベマリア』を平気で歌って周囲に迷惑がられてる)かも。

③「絶対に彼女と二重奏してやる、そして彼女の心を射止めるんだ!」
と片思いの女の子が弾くピアノとの二重奏を夢見る男子高校生
(マックでバイトして中古のバイオリンをやっと買った)だったりしてね。

①の場合は、なんとかそのお母さんを説得して、
男の子が地元のサッカーチームに入れるようにしてあげたいものだ。

②だったら、「他にももっとあなたにピッタリの趣味があるはずだ」
と説き伏せる。そうすれば彼の同僚たちにも感謝されるだろうな。

③だったら「ピアノとバイオリンの二重奏がうまくいっても、
恋の二重奏がうまくいくとは限らないよ」と優しくアドバイス、
……というのは嘘、ちゃんと応援しますとも。多分。

あ、気がついたら、静かになってる。
今日のレッスンおしまいだな。

さて、昨日は1回目の荒通し。
昨夜はきっと、みんないろんなこと考えただろうな。

僕は、あるひとつの方向に向かってキューンと進んでいく感じ、
先がどんどん細くなって、とがっていく感じ、
そんなものが見えて気持ちよかった。

新しいスタートラインにたった気分です。
新しいコースが目の前に伸びてます。

誰もが自分の役と真剣に向き合ってる、
芝居なのだから当たり前のことかもしれないけど、
「目をそらしてない」感じがたのもしいです。

次の稽古を、そわそわしながら待ちます。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/619-9d42f78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示