FC2ブログ

2019-05

それぞれの息遣いを聞いたんだよ。

月島稽古の後半戦。

通し稽古を見ながら、
「人間とはだれでも、幸せになりたいのだ」
という当たり前のことを考えていました。

しかし「こうなれば幸せ」というのがハッキリしない。
いつも手探り、次にどう進めばいいかわからない。

たどり着いたら、そこは思いがけない場所で、
「こんなはずじゃなかった」と悔やむ。

ぼくら永遠の理不尽と向き合うしかない、
というか、それこそが生きるということなんでしょうね。

あー、こんなこと書くと、
「なんか面倒臭そうな芝居だな」と思われるのでしょうか。

重い芝居でも小難しい芝居でもないです。
語られるのは、ごく日常的な光景。

登場人物たちが、それぞれに自分の息遣いをし始めている。
月島の夜に月は出ていなかったが、
ぼくには月が見えたよ。

駅からの帰り道、
僕は歌いながら歩いてた。

だれかに届け、どこまでも届け。

そんな夜だ。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/629-9a11f72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示