FC2ブログ

2019-07

今夜はきちんと宣伝をしています。

今夜は稽古休み。
稽古場に行かないのはへんな感じ。
ひとりで落ち着いた気分で『栢子の結婚』のこと考える。

登場人物ひとりひとりの今までのこと、これからのこと。
芝居で描かれてる部分以外のところ。

脚本を書いてるときには思いつかなかったことが、
役者が演じてるのを見てるといろいろ浮かんでくる。
「言葉」でしかなかった人物が、呼吸して、動いてる。
わ、すげー、と思う。この感じが好きです。

『栢子の結婚』には13人の人物が登場します。
つまり13の人生があります。
芝居は約90分だけど、
13人が今まで生きてきた時間、
そしてこれから生きるであろう時間、
前後にずーっと伸びてる時間の長さが見えたらいいなあと思います。

で、こうやってひとりでいると、
それぞれの過去や未来のことを考えます。

たとえば「ふみか」の10年後に出会ってみたい。
「研一」の少年時代をのぞいてみたい。
母親になった「美那子」や年老いた「修二」に会ってみたい。
そして、「栢子」の明日、1カ月後、1年後、30年後を知りたい。

そんなものが、舞台の上で見えたらいいなあと思う。
いや、ぜひ見えるようにしたい、そんな芝居にしたい。

「物語」ではなくて「人間」を描く、ということを、
今回ほど楽しく、でも恐ろしく、
大きなプレッシャーに感じたことはありません。

でも、それだけに、ガツンという手ごたえのある舞台にしたい。

ぜひ、13の人生を生きる13人に会いに来てください。
きっときっと、すてきな舞台にします。












スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/633-eec179f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示