FC2ブログ

2019-02

日本語で話し、日本語で思う、ということ

早く眠ったので早くに目が覚めた。
ビール飲んだら疲れていたのか熟睡してしまった。

昨日は久しぶりに別役実の芝居を観ました。
てがみ座が俳優勉強会として上演した
『眠っちゃいけない子守歌』。

別役実の戯曲を実際に役者さんが演じるのを観たのは
すごく久しぶり。観れてよかった。

あ、そうか、ぼくはこの人の戯曲を知って、
自分でも芝居をやってみようと思ったんだった、
なんてこいうことを、あらためて思い出したりしていました。

ところで、初めて『その名はブルー』をやったとき、
どうしてもやりたかったのに、「技術的に無理」とスタッフさんに言われ、
諦めてしまった、ある「仕掛け」があります。

『眠っちゃいけない子守歌』の中に、
その「仕掛け」を実現するヒントがあった。
ああ、なるほど。そうすればいいのか。ちょっと得した。

小さなカフェで、30人ほどの観客を前にしての芝居。
壁も床も、わずかなセットも、ほとんどが「白」。
なんてことないんだけど、それもなんだか新鮮でした。

日本語を語る国民でよかった、日本語が好きだ。
別役実の芝居を観ると、いつも必ずそう思います。

日本語で操り、日本語で操られる。その感覚。

といっても、日本語しか知らないのですが(笑)。

今日は、初めて聞く言語のつもりで、
人が話す日本語に耳を澄ましてみよう。

さて、コーヒー飲みます。
まだ朝の6時前。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/695-055bf044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示