FC2ブログ

2019-05

他人という言葉の冷たさと心地よさ

近所を歩いていたら、知らない女の子におじぎされた。
「え?」と思って歩きながらじっくり考えたら、
よく行くコンビニの女の子だった。

とくに口をきいたことはない、
ただ、しょっちゅう顔を見るというだけ。

それでも店の外でたまたますれ違い、
無意識のうちにおじぎしたんだろうな。
ちょっとうれしかった。

知らないけど知ってる、知ってるけど知らない。

そんな曖昧な距離感を持った人間関係が、
世の中には満ちている。

挨拶するかどうかの境界線上の人たちが、
なんとたくさんいることか!

それだけじゃない、
知り合いの定義、友達の定義、恋人の定義、
よく考えたら、ハッキリ決まってるわけではない。

僕ら、薄ぼんやりとして曖昧な人間関係の中にいる。
まるでカーバーの小説みたいに。

たまたま電車の中で見たというだけで、
口をきくどころか、お互いに目を見かわしたわけでもない、
なのに、なぜか何日間も何カ月も覚えてるという人がいる。

逆に、一緒に仕事したりして長時間そばにいたのに、
離れてしまえば、すぐに忘れてしまう人がいる。

他人、という言葉の冷たさ。
他人、という言葉の心地よさ。

人間同士の距離感を測る、
特別なメジャーが欲しい。

あ、カーバー読みたくなった。

単純(笑)。















スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/719-dc4bf397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示