FC2ブログ

2019-02

歯車と歯車

こんな時間(午後2時過ぎ)なのに、
誰かが大音量でマイルス・デイビスを聴いてる。

いやもう明らかに近所迷惑なんだろうけど、
どーってことない住宅街の昼下がりに、
カン高いトランペットの音がよく似合ってる。

病院に行ったのに、また抜糸の延期。
「まだやめておいたほうがいい、場所的に難しいんだ」
と難しい顔をして医者が言う。

先週、4針縫った切り傷のことです。
どう難しいのか、詳しいことは話してくれない医者。
まあ、こういうお医者さん、多いよね。

おかげで、もう少し不自由な生活が続く。
いつになったらちゃんと顔が洗えるのだろう。

本棚を眺めていて「あ」と思った。
ノーチラスの芝居って、横光利一の『機械』を連想させないか?

あの描写、あの人間関係、
ノーチラスがやろうとしているのは
あんな世界なんじゃなかろうか?

そう思って20年ぶりくらいに横光利一を読んでる。
相変わらず、おこがましいこと書いてますけど。

学生時代は『上海』が好きだった。
今は『機械』。
歯車のように組み合わされた人間の心理。

そんなわけで、
昨夜の稽古は人数が少なかったけど、
読み合わせではなく、立ったり歩いたりしながらセリフを読んだ。

この時期が好きだ。
役者たちが「自由」を目の前にして戸惑う。

まだ噛み合わさっていない歯車、
空回りしてる歯車、
でも、噛み合う何かを探してもがく歯車。

こんな時期も、すごく楽しい。

初めて生まれる人類同士が、
おずおずと手を伸ばし合ってるみたい。

ああ、その感じ!













スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/727-8950f662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示