FC2ブログ

2019-02

あの頃、神様が

先日ついでがあって、自分が卒業した大学へ。
すごく久しぶりだったけど、なんだか変わっていた。
よく利用していた校舎が広い学食になっていたり、
教会がおしゃれに模様替えされていたり。

正門から入って真正面に見える高い木には、
やがてクリスマスツリーとして電飾がほどこされるはず。

正門から入って左手の「ロビー」と呼ばれる場所、
テーブルなんかは変わっていたけど、
おもむきはそのまま。

ひとり暮らしが寂しくて、
1時間目の授業がなくても朝早くから大学に行き、
その「ロビー」のベンチで本を読んでいた。

まだほとんど誰も学生のいない静かな早朝、
ここに書くのもはばかれるような小難しい小説なんかを
わざわざ選んで読んでた。
「なんだよコレ、わっかんねーよなー」なんて思いながら、
でも、そんな時間が好きだった。

「わっかんねよなー」と思いながら、
その、わかんねえ感じが嫌いではない。

きっと今も同じ。
今も、いろんなことに「わっかんねーよなー」って思ってる。
ずーっと、その連続。

変わってないな。

真夜中3時、となりの部屋のテレビの音が
ことさら大きな音で聞こえてくる。

ふだんは聞こえないのに……
夜中に大きな音でテレビを見なきゃならない理由があるのかな。

テレビの音は気にならないが、
その理由のほうは、ちょっと気になる。

キャンパスでは、もうすぐ点火祭のはず。
当時付き合ってた女の子と聞いたハンドベルの音を思い出した。

あの頃は、どこかに「神様」がいた。

あの「神様」は、今どこにいるのだろう。

神様、今もぼくは、
「わっかんねー」ことだらけの人生を生きてます。













スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/742-79dc6960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示