FC2ブログ

2019-02

今この瞬間の迷子たち

すっかりブログが御無沙汰です。
あれやこれやでPCの前に座ってる時間がなくて、
更新できずにいました。

稽古場にいるときや自転車に乗ってるとき、
「あ、このことをブログに書こう」なんて瞬間があるけど、
いつの間にか忘れています。

ブルーの稽古は順調です。
いや、順調なのかな。
順調かそうでないかは、きっと本番でわかるのだろうけど、
でも、きっと順調です。

初演のときとはまったく違う感触、
自分で書いた脚本なのに、
以前には気づかなかったことや、
考えもしなかったことが次々と出現します。

客観的に観て、ただもう素直に、
「これ、面白い芝居じゃん」(笑)。

たくさんの人に観てもらえたらな、と思います。

ブルーの稽古をやっているせいで、
最近よく目につくのが、迷子犬のポスターです。

たまに電信柱などに貼られている手作りポスター。
「どこそこでいなくなりました!」という文字、
犬の写真、そして連絡先の電話番号。

不特定多数の人の目に触れるポスターに電話番号を書くのは、
今どきかなり危険なこと。なのに、あえて。
そこに、飼い主の必死な思いがこもっている。

そのポスターを作っているときの飼い主の気持ちを思うと、
ちょっと切なくなります。

そして、探されているほうの犬は、
今ごろ、どこでどうしているのだろう、などと考える。

地上にいるとピンとこないけど、
ちょっと高いビルなんかに上って街を見ると、
思ったよりも広くて、漠然としてて、とりとめなくて、
このどこかにいる1匹の犬を探し出すというのは、
砂漠の中で、特別な色のひと粒の砂を探し出すようなもので、
あてのない、気の遠くなるような行為に思えてきます。

それでも探す、
自分のリスクもかえりみないで、探す。
なぜなんだろう。

ブルーには、その問いかけに対するひとつの答えがこめられてる、
……のかも知れません。

今、この瞬間にも、
この世の中には、
迷っている犬がどこかにいるはず。

いや、犬だけでなく、猫だって、もちろん人間だって。
たくさんの「迷子」たちが、
孤独の中で、探されることを待っている。

もしかしたら、探されることで、
逆に、探している。

見つけられたとき、探していたものを発見する。
探されることで、自分も何かを探していたことに気がつく。

今、この瞬間に、何かを探している人、
そして、誰かに見つけられるのを待っている人、
そんな人たちのための「ブルー」です。

どうか劇場にブルーに会いに来てください。
お待ちしております。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/750-b56282ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示