FC2ブログ

2019-05

今さらのように思うこと

寒いですね、鍋とか食べたいですね、
スーパーに行くと必ず鍋の食材を眺めます。眺めるだけ。
それでけっこう満足。

昨日は仕事でつまらないミスを連発し、
周囲からちょっと心配されて、
なんとなく人のありがたみなど感じた1日。
たまにはそんな日がないとバランスがとれないのかもな。
そう考えることにしよう。

夜は時間堂のワークインプログレスへ。3回目。
演出家の黒澤さんが投げる言葉と、
それを受ける役者さんたちの微妙な変化。

過去2回は芝居が完成に近づいた時期に拝見したのだが、
今回はまだ初期段階。ふむふむ、なるほど。

前回『ローザ』の本番は風邪で観られなかったので、
今回の本番はぜひとも行きたいです。

高村薫の新作が出てる。あー読みたい。
しかし今は金欠なので我慢する。上下2冊だし。
黒川博行の新作に続いて2度目の我慢。
体に悪い。

今はリョサを読んでます。
読みながら、なんか最近ヘンだよなあと思う。
翻訳の文章を「あー、これは翻訳なんだなあ」と思いながら読む。

英語を、フランス語を、スペイン語を、ポルトガル語を、
きちんと理解できるようになったら、どんなにいいだろう。
これは翻訳の文章なのだ、という事実を、
どうやって消化すればいいのか、わからん。今さらですが。

目の前に並んだ日本語を、
まるでひとつの風景のように視覚にとらえる。
そのことの可能性と限界。

柄谷行人でも読み返したほうがいいのだろうかね。
脚本の習作のようなものを書きながら、
画面に並んでいく日本語を眺めながら、
たまに、それを口に出して読みながら、
日本語って難しいね、と思う。

美しいセリフとは何でしょうね。
美しい日本語とは何ですか?

次の脚本は、今まで以上に、
そういったことにこだわりたい。
言葉にこだわらないで、どうする。
日本語というものをとことん考えないで、どうする。

あ、そうか、そんなこと考えてるから、
翻訳小説を読むときに、
なーんかおかしな感覚があるのかな。
僕自身が意味もなく身構えてるとかね。

悔いのない脚本を書こう。
今は、それだけ。真面目に考えてます。

今日はこれから仕事。
コーヒーは3杯目。













スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/758-338d44dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示