FC2ブログ

2019-02

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もシアターノーチラスを
よろしくお願いいたします。

「こんな芝居を観たい」という芝居を自分で作る、
いつもそんな所から始めています。

おそらくそれは「美しい混沌」のようなもの。
きっと僕自身がこの世界を「美しい混沌」として眺めてるから。
それがガチャガチャと交錯する会話劇になるのでしょう。

交錯するのは言葉であり、表情であり、しぐさであり、
そしてたとえば思惑であり、エゴであり、偽善であり、
それは一見、行き場のない交錯なのだけど、
それでもどこかに向かって収斂していく。

そんな芝居の形を借りて、
人間を、世界を、舞台の上に出現させたい。

僕らはカッコ悪く、無様で、嘘つきで、見栄っ張りで、
自分本位で、臆病で、強がりで、どうしようもなくぐうたらで。

しかし同時に、他人を理解したいと思い、他人の幸福を願うこともあり、
思いやりのある人間でいたいと願い、不器用な優しさを発揮したりする。

そしてなにより誰かを愛したい、あるいは愛されたいと、
喉の奥をカラカラにして飢えている。

人間は小さな矛盾、
人間は小さな逆説、
人間は小さな不可解。

そうやって自分で生きてきて、
他人が生きるのを眺めてきて、
それでもこの世は美しいのだ、
「美しい混沌」なのだと思いたい。

多分そんな思いで芝居を作ろうとしているのだと、
昨年、つくづく思いました。

今年は、それをノーチラスらしさとして、
もっともっと面白い「作品」作りと向き合います。

今年は7月に、初めて下北沢で公演を行います。
「下北沢で芝居をやる」というのは、
やはり僕にとってはひとつの夢でした。

今まで遠くから指をくわえて眺めていた門が、
ようやく目の前で少しだけ開いたような気分です。

これを機会に、たくさんの方々に、
ノーチラスの舞台を観ていただければと思います。

昨年は公私ともにドロドロでムチャクチャな1年でした。
いろいろな行き詰まりを経験して、
あらためて自分が生きてきたことや、
これからもずっと生きていくのだということを、
柄にもなく真剣に考えていた1年でした。

今年はそれを踏まえて、
何かを大きく変えたいと思っています。

シアターノーチラスは、
今まで今村幸市のひとり劇団でしたが、
新しく冨永裕司君が正式な劇団員になりました。
それぞれの理想に向かって何かを積み上げていく、
そんな仲間がいることは、とても心強いです。

それに、劇団員でなくても、
何度もノーチラスの舞台に出てくれた役者さんたちが、
僕のまわりには大勢います。僕にとって大きな支えです。

それから、もうすぐ僕自身の生活が少し変わります。
毎日が、というより、一瞬ごとに、何かが変わると思います。

昨夜は珍しく、深夜0時に初詣に行きました。
目黒の大鳥神社です。
中目黒の稽古場に行くとき、
すぐ横を自転車で走り抜ける、あの神社。

初詣するなら、きっとここが一番ふさわしい。
これから稽古場に向かうたびに、
神様が見守ってくれるんじゃないかな。

そんなわけで、シアターノーチラス、
今年は神様もしっかりついてます(笑)。

今年も、少しでもすばらしい舞台をお届けできるよう、
前向きに取り組みますので、
ぜひぜひ劇場でお会いしましょう。

そして役者さんたちには、「稽古場で会いましょう」。

新しいシアターノーチラスに御期待ください。
2013年も、どうぞよろしくお願いいたします。
















スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/764-9c7915e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示