FC2ブログ

2019-02

箱の中の男

昨日と今日は、久しぶりの世田谷代田。
広い部屋で稽古するのは気分いい。
競争率高いから、なかなか予約とれないけどね。

狭い部屋でチマチマ稽古してきて、
急に広い場所に飛び出して、
今まで見えてなかったことが
いろいろと見えてきた気がします。

狭い部屋にいると、
自分の視界もせまくなり、
すべてのことを近視眼的に見てしまう。

広い場所に出ると、
今まで届いてなかった場所まで視線が届き、
見えてなかったものが見える。

きっとそのとき、
それまで思ってなかった思いが生まれ、
考えてなかったことに考えが及ぶ。

今、視線がどこまで届いているか、
どのあたりに焦点が合っているのか
それはきっと大切なこと。

最近のぼくは、
近いところにしか焦点を合わせてなかったかも。
たまには、遠いところに焦点を合わせてみよう。

そういえば、最近ひそかなブームの安部公房に
『箱男』という小説があります。

上半身スッポリ段ボール箱をかぶって生活している
ひとりのホームレスが登場する話。

段ボール箱には外の世界を見るための穴があけてある。
箱の中で生きる箱男も、
視線だけは遠い場所を求めていたのかね。

『箱男』を読んだとき、
ちょっとだけ箱男に憧れた。

でも気がつけば、今の自分は、
生活の中の「箱男」なのかも。

箱を脱ぎ捨てることができるのか?
箱を脱ぎ捨てる必要があるのか?
箱とは、何ぞや?

何ぞや?

下北沢で、昨夜はいい店を発見。
『黒い夢、白い夢』チームで立ち飲み。
みんな立ち飲み姿が似合ってたよ。

また行こうね。







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/788-769e17fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示