FC2ブログ

2019-02

久しぶりに美術雑誌を買ったのは

群像劇が好きです。
誰が主人公と決めるわけではなく、
いろいろな登場人物が入り乱れてひとつの世界を創る。
ノーチラスの芝居は群像劇が多いです。

で、そんな僕にとって
ブリューゲルは昔からとても気になる画家。

でかい画面に無数の人々が丹念に描きこまれた、
まさに群像を描いた画家です。

ある美術雑誌がそのブリューゲルを特集しています。
チマチマと描きこまれた人物たちのひとつひとつに
きっと何かの意味があるんだろうなあと思っていたけど、
それをきちんと解説してくれてるのがうれしい。

『バベルの塔』や『死の勝利』『雪中の狩人』など、
誰もが知っている有名な作品には、
人間に対する画家の希望と絶望がこめられている。

ああ、なるほど、そういうことなのか、
へえ、そんな意味があったのですねえ。

今までは眺めているだけで楽しかったブリューゲルが、
もう1度楽しめちゃう感じ。

農民が食べている食事まできちんと推測し解説している、
そんなマニアックな特集です。

さて、ブリューゲルに「ほほう」となりながら、
ノーチラスの稽古も進んでいます。

本番まで2週間を切り、
さらに深化していく『黒い夢、白い夢』。

稽古を見たいという過去出演者の方もいて、
なんだか嬉しい限りです。
稽古見学は大歓迎。連絡ください。

この週末、どう変化するのか。
いろんな期待がみなぎってます。

ではみんな、後で稽古場で。



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/790-07118455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示