FC2ブログ

2019-05

「一瞬」という名の「永遠」もあるのかもね

昨夜は東京湾の花火。
久しぶりだな、花火を見るなんて。

大井町線で大井町まで行って、
りんかい線に乗り換えて東京テレポートまで。
お台場という場所は初めてでした。

よく見える場所を求めて何度か移動。
缶ビールは早々になくなってしまい、
ほろ酔いでボンヤリ花火を眺める。

まわりでは歓声があがったりするけど、
僕はなんだか無口になった。

広がってはすぐに消えてしまう花火を見てると、
むしろ少し寂しくなる。

永遠のものなんてこの世にはないんだよ、
ということを思い知るために作られたのが花火。
そんなこと思いながら、歓声や拍手を聞いてた。

数日前に三島由紀夫の『花火』という
へんな短編を読んだばかり。
横溝正史の『夜光虫』の花火も思い出した。
「謎」が似合うね、花火には。

そういえば昔々、『冬の花火』というタイトルで
太宰治の半生を描いたテレビドラマがあった。
太宰治を演じたのは石坂浩二だったけど、
山崎富栄をやったのは誰だっけ?

太宰治が飲み屋で酔っぱらって、
志賀直哉のことをバカにする場面を覚えてる。
本当にあんなこと言ったんだろうかね。

花火を見てると、
いろんなことが短い場面になって
頭の中に浮かんでくるね。

花火が広がるたびに、
頭の中の暗がりにひそんでいたものが、
パッと一瞬、映し出される。

そうか、そんなこともあったね。
そうかそうか、それを忘れてはいけないね。

帰りは、混雑を避けて、となりの駅まで徒歩。
肌がへんにベトつくのは、
潮風のせいかと気づくのに、
しばらく時間がかかりました。










スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/849-a3a571e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示