FC2ブログ

2019-05

今年、そして来年

5月は短編集。そして、その次は長編。
そして、その次は……
などと、来年のことまで話題に出ている今日この頃。

劇場を予約しなければならないから、
来年のことも考えることになる。
来年の今ごろは何を考えているだろう、何をやりたがってるだろう、
どんな人と知り合い、どんな会話をしてるんだろう、
なんて考えるのも悪くない。

そんなわけで、次の長編のプロットをあれこれ考えてます。
プロットをあれこれ考えてるなんて言い方すると、
なにやら机に向かって難しい顔している文筆家っぽいけれど、
実際にはノート広げて、いろんな場面を妄想してニヤニヤしてるだけ。
ニヤニヤしてる、というのは誇張ではなくて、本当にニヤニヤしてます。

この場面で、このセリフを言わせようとか、
ここではこれだけの人数の役者がワーーーッと動くようにしようとか、
ここで、こんな照明を当ててやろうとか、
このセリフを言わせるとしたら、アイツしかいないなあとか、
いや、こいつに言わせたら、どうなるだろうとか。

ああああ、愉しい!!!

おこがましいこと言いますが、神様がこの世を創ったときも、
やはりこうやって白いノート広げてニヤニヤしながらあれこれ考えたんだろうかね?

そう言えば、昨夜『血は立ったまま眠っている』を観てたとき、
バルコニー席だったのだけど、すぐ近くが音響さん(?)のスタッフのスペースで、
そこはステージを真正面から見下ろす位置なのだけど、
そこに蜷川幸雄も座って舞台を観てたのだ。

ああやって舞台を見降ろしてる蜷川幸雄は、
まるで神様の視点にいるようだ。
演出家というのは、やっぱりある意味で、
神の視点を持たなければならんのでしょうか?
どうなんでしょうかね?

さて、そんなわけで次の脚本も、
着々と形になりつつあります。
僕だけ先に、その舞台を、頭の中で「観て」います。





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/89-a49e8153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示