FC2ブログ

2019-05

これって、迷子願望?

迷子になる人は、きっと潜在的に「迷子になりたい願望」があるんだと思う。

迷子になるということの不思議なワクワク感を知ってるから、
つい自分でも気づかないままに、しかし実は自発的に迷子になってる。

そして世の中には、「ああ、この街は迷子になってみたい街だ」という街もある。
ここだったら、迷子になってひと晩中でもさまよっていてもいい、と思わせてくれる街。

「迷子になりたい願望」のある人が、
「迷子になってみたい街」に足を踏み入れたら、どうなるか?

なんだかね、思わずそんなことを考えてしまう街です、阿佐ヶ谷駅北口の裏道。
まあ実際には迷子になるほど広い街じゃないから、
絶対に迷ったりはしないんだけどね(ちぇっ、つまんねえな)。

でも、ちょっとワクワクだったよ、阿佐ヶ谷駅北口。
おもしろそうな小さな店がぎっしりひしめいていて。
今度ゆっくり行こうぜ。

今夜は、先日から告知してる『カフェ ラング・ド・シャ』観劇。
観ていて気持ちのいい芝居でした。
4人の役者さんがそれぞれに丁寧に演技していて、
愛すべき小さな世界を創り上げてる、その手作り感にホッとするような。
開演までの30分、先に伊織さんだけが座ってるんだけど、
わー、30分の間なにを考えて待ってるんだろう、なんて思うと、こっちまで緊張(笑)。
でもよく考えたら、そこで30分座ってるってことにも、ちゃんと意味があったんだね。
帰りは佐藤君とCHAN’Tの女優さんたちと駅まで歩き、
それから駅近くの中古CD屋さんに入ってあれこれ見てから駅に向かったら、
偶然、横尾さん伊織さんと同じ電車に。
ふたりともニコニコしてました。

そう言えば、「名曲喫茶ヴィオロン」の壁に飾られてた数枚の油絵、
あれは確かに、かつて中野にあった「名曲喫茶クラシック」の2階に飾られてたもの……
中野のクラシックといえば、コーヒーのミルクピッチャーが、
キューピーマヨネーズのフタだというので有名だったけど、
もしかして同じオーナーさんなんだろうか?
確か絵描きさんだと聞いたことがあります。
中野のクラシックに飾られてた油絵を、再び別の店で見るなんて思わなかった。
一瞬、記憶が混乱しました。

阿佐ヶ谷は、不思議な街だわい。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/9-8a15fe08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示