FC2ブログ

2019-02

温かい空気がうれしいです

稽古は着々と進んでいます。

昨日は欠席者の役をみんなで補いながら初めての通し。
いや、まだ通しと呼べるようなものではないけど、
今までバラバラに稽古していた場面がひと続きになるのを見ながら、
みんなの気持ちもひとつにまとまっていくような気がしました。

芝居の稽古場というのは、
たんに芝居が出来上がっていくというだけではなく、
そこに集まる役者たちの関係が少しずつ濃厚になっていく、
その変化を目撃できる場所でもあります。

役者同士の関係が濃厚になっていくことが、
そのまま芝居の濃度に関わってくる。

それは間違いなく、芝居というものの面白さのひとつ。
芝居をやめられない理由のひとつです。

時には、稽古の部屋が狭いことがあったり、
今回の芝居の重要なアイテムが無い部屋だったりしますが、
そんなことに不満を言う人は誰もいない。

与えられた条件と環境の中で
ただ黙々と稽古を積み上げていく役者さんたちです。

もちろん、小劇団と呼ばれる劇団のほとんどが、
そうやって芝居を創っているのだと思います。

時々、となりの部屋で別の劇団が稽古してることがありますが、
お互いに頑張らなきゃね、と思います。

何年前かに、某区の出張所の窓口で稽古場を予約してる時、
区の職員が「お宅らは、どうせ営利目的なんだろ?
そんな人たちには本当は貸したくないんだ」と言った。

思わず、ぶん殴りそうになった。
営利目的で芝居やってる小劇団なんてあるもんか。
それとも、小劇団というものは
世の中からそんなふうに見られてるのか。……まさかね。

まあ、そんな誤解を受けるのも、
芝居の芝居たる所以のひとつなのかも。

時にはそんな皮肉と逆説を感じつつ、
『新任教師~名前も知らない獣の声に耳を澄ます~』は
少しずつその全貌を現してきました。

チケットの御予約はお早目にお願いいたします。
早くから御予約いただいているお客様の御名前を観るのは、
本当に大きな大きな励みです。

4月9日が初日です。
ぜひ、劇場でお会いしましょう。





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/915-e5984ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示