FC2ブログ

2019-05

月食の前/月食の後

先日注文した蜷川幸雄演出の『キッチン』のDVDが届いて、
さっき、冒頭のところだけ観てました。

おなじみシガー・ロスの音楽が流れる中、
あるレストランの厨房の一日が始まる……

2010年に上演した『その王国の夜は明けない』は
『キッチン』みたいな芝居がやりたいと思って書いた脚本、
でも今ならもっと違うように書くのにな。
こういう思いは、どうやって昇華させればいいのだろう。

図書館で借りてきたアーノルド・ウェスカーの『キッチン』、
それをコピーしたのがあったはずなんだけど、
見つからない。あー、戯曲を読みながらDVDを観たい。

と思いながら本箱をあさっていたら、
少し前に書いた稽古用の短い会話文が出てきた。

そうだ、これを物語の冒頭にして、
1本の長い脚本が書けそうだ、
たとえば、フェリーニの『8 1/2』みたいな。
そう思いついたら、なんだか楽しくなってきた。

次の公演の日程と劇場が決まって、
脚本を書き始めたり、メモをとり始めたり。
なんだか楽しみがたくさんあって、
わくわくする時期です。

まったくタイプの違う脚本を3本くらい、
同時に並行して書いたら楽しいだろうな。
時間が許せば、そういうやり方が
自分には一番向いているような気がします。

いや、実際にやってみればいいのだ。
誰も止めやしないんだ。

さて、月食の前と、月食の後とでは、
月に照らされた世界は、
まったく別のものになってたりするのかな。

だって、それが「同じ月」だという保証は、
どこにも無いのだし。

月食の前の世界は、
今ごろ、どこで、どうなっているのやら。
などというような、P・K・ディック的な物語もいいな。
どうでしょう?







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/968-c0cb6800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示