FC2ブログ

2019-02

予告の予告の予告…くらい

なんとか1冊本の原稿を送りました。
どんな仕事にも終わりは来るものです。
これから手直しして入稿。
どうにか年内完成の絶対命令は実現できそう。ふう。

そんなわけで、次回公演の脚本に頭を切り替えます。
仕事の原稿を書き始める前に、すでに構想があって、
登場人物や舞台美術のイメージも出来つつある。

やっぱり人間らしい人間にするために、
これからあれこれ考えて、
でも考え過ぎず、サラッと投げ出した人物たちが、
勝手に生きるのに任せる、みたいな感覚で。

最初は「芝居の登場人物」だった人たちが、
頭の中で少しずつ「生身の人間」へと変化していく、
この時間がたまらなく好きです。
自分の力で呼吸する人間になってくれ。

じつは『グレーテルの妹』の当日パンフでは、
次回予告として『その王国の夜は明けない』の再演を掲げました。
しかし、その後、ある設定を思いつき、
どうしてもそれで新作を書きたくなった。

最初の場面がある、
最後の場面もなんとなく浮かんでる、
人間関係や感情のもつれ、絡み合い、
そんなものも、いくつか見えている。

彼らが、どう生きて、どこへ行くのか、
追いかけてみたい、そんな欲求。

そう、「彼ら」、やっぱりノーチラスは群像劇の劇団なので、
ひとりの人間ではなく、「彼ら」、
人間たちの塊になる。

人間たちの塊=世界。

そんなことを思いながら、
これから書く新しい脚本のいくつかの場面を
どきどきしながら思い浮かべてます。

タイトルも決めてますが、
これはもう少ししたら告知します。
その前に出演交渉もあるし。

そんなわけで、これからしばらくは、
坂本九の『上を向いて歩こう』を
何度も聴くことになりそうです。

いつもひとつの脚本を書き上げるまでは、
同じ曲をBGMのように繰り返し聴きます。
今回は、それが多分『上を向いて歩こう』。

さて、どんな舞台になりますことやら。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/971-15dfa28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示