FC2ブログ

2019-05

アフリカの夢

5月公演は、何もない舞台に「椅子」だけを置いて始める芝居。
椅子にしようと思いついたのは、もちろん僕自身です。
それは、何か「不自由さが欲しい」と思ったから。
もの作りって、「不自由さ」や「制約」があったほうが、きっと面白い。

自由ほど不自由なものはない、とときどき思います。
芝居って、もともとは「不自由さの美学」だとも思います。

そんなこと考えてたら、古い雑誌の中に清水邦夫が、こんなこと書いてました。
若い頃、アフリカで1日中ずっと車を走らせたが、まわりの風景がまったく変化しなかった、
それは気が狂いそうな体験だった、と。ふむふむ、なるほど。
どこをどう走っても自由なアフリカで、その自由のド真ん中で気が狂いそうになる……。

たとえば、「明日から、自由に生きていいよ」と言われたら、きっと困るだろうな。
アフリカの大地に投げ出されて、好きなように走っていいよと言われたようなもので。

「自由に生きたい」と思っている人は大勢いるかもしれないけど(もちろん僕も)、
でも、実際には人間て、何らかの不自由さに寄り添ってないと生きていけない、
というか、不自由さがあるからこそ「生きてる」という実感もあるのかもしれない、
なんて思ったりします。

でもって、椅子の話に戻りますが、
どうしても椅子を出さなければならないという不自由さを作ったのは自分のくせに、
どうしても椅子がからんでこないという理由で今回は諦めた話もある(笑)。
不自由さに振り回されてます(笑)、お恥ずかしい。

不自由さってヤツと、もっと仲良くならなきゃね。

ああ、今夜はアフリカの大地を、どこまでもどこまでも走る夢を見て、
夢の中で、そのとりとめのない自由さに発狂しよう。

人生に、もっと愛すべき不自由さを、プリーズ!














スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/99-97094e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示